おらに力を 12/20

先日、研究生に配布した連絡です。ご一読いただき卒業生の皆さまにもご協力をお願い申し上げます。

おらに力を 12/8

・募金活動で販売させてもらう作品(ポストカードなど)の受付を始めます。

作品のジャンルは問いませんが、壊れ易いもの、扱いが複雑なものはご遠慮ください。

普通郵便での郵送をお願いしますが、サイズが大きくなる人は桐生へ相談ください。郵送費をこちらで負担します。

・受付期間は12/8から販売活動(3月末または4月初旬)をする直前まで。

・友人知人で協力してくれる人がありましたら参加をお願いいたします。販売の際に作者名を出しますので、ご了承をお願いいたします。

 

・以下の住所へ送ってください。

〒395-0085

長野県 飯田市 吾妻町112 近藤ビル2階

飯田美術研究所 桐生まで

電話0265-52-3507

 

不明な点はご連絡ください。

たくさんの方のご協力お願い申し上げます。きりゅう

前回の募金活動できりゅうが購入したポストカードの一部です。

おらに力を 11/25

11/24と25に、全卒業生に向けてメールを送信しました。宛先不明で返って来ているものもありましたので、届いていない人はこちらを読んでね。

具体的なことは何一つ決まっていませんが、予定を少しづつ出していこうと思います。

 

・日程

2020年3月後半、4月、5月と複数回に分けて行う予定です。まだ具体的に場所をおさえてはいませんが、1回は大きな商業施設でやりたいと思っています。5月は研究所の合格者展示の会場で行います。

・作品

ポストカードは1枚100円から。作品として手書き1枚ものであれば100円以上でもいいかも。ポストカード以外の作品は上限が1000円だと思っています。あまり高いと気軽に購入してもらえないと思うので。数に制限はありません。あと、こちらの扱いが難しいデリケートな作品はやめてください(色落ちする、壊れるなど)。

・終わったら

募金活動が終わって作品が残った場合、基本的にはこちらで処分となりますが、送り返して欲しい人、後で取りに来れる人は作品提出の時に言ってください。極力売り切れるまでがんばります。集まったお金は桐生が責任を持って被災した自治体に募金します。

・是非

この機会に自分なりの「売れる作品」「受けがいい作品」というもの考えてみてください。前回の募金活動の時、即売り切れて追加をお願いした方もいます。何が売れて何が売れないのか(何が受けて、何が受けないのか)は、デザインもアートも永遠の課題だと思いますが、この機会に試してみるのもいいかもしれません。

 

おらに力を 11/3

日本各地で自然災害により大きな被害が出ていますが、長野県内でも台風19号により被害が出てしまった地域があります。直接被災地のボランティアに行けない桐生ですが、募金集めを企画、提案します。

ただ募金を集うのではなく絵を描くことや、ものを作る技能を持った人達の特性を生かした活動にします。募金する側もただ、お金を箱に入れるのではなく、お金の代わりに受け取った作品を眺めることで、自分が募金に協力したことを思い出すことができます。

8年前の3月11日、東日本大震災が起こり、翌日には北信の栄村でも大きな地震が発生し家屋が倒壊しました。その時に研究所の研究生、卒業生、その友人など協力のもと、自作のポストカードや作品を集め、それを販売し、収益金の全てを栄村役場に寄付しました。

今回もポストカードや作品の販売で寄付金を集め、全てのお金を県内で被害にあった自治体に納めたいと思います。なので、製作者の制作材料費は出ません自腹を割って下さい。自分の負担にならない程度で構いません。ポストカード10枚でもありがたいです。

 

募金活動をする場所、日程はまだ未定です。決まり次第ここに掲載していきます。

卒業生、その友人知人の協力をお願い申し上げます。桐生はこれからお願いのメールを発信しますが、全てに行き届かないかもしれません。連絡し合っている同期の卒業生がいたら、桐生がこんなこと書いていたよ、と拡散をお願いいたします。

 

アクセスカウンター