武蔵野美術大学 オープンキャンパス見学レポート 6/18掲載

もうずっーと雨降り・・(涙)

6/15、武蔵野美術大学(東京都小平市)(以下ムサビ)に研究生と行ってまいりました!

片手に傘を持ちながらだとカメラを構えにくくて写真少なめです。ごめんね。

ムサビに到着してすぐにパン屋さんに駆け込み、卒業生にも配るパンを大量に買い込み、一緒に食べていざ見学!

受験生はオープン2度目だったりするので、デッサンの講評や、各々の必要な学科へ行ってもらい、きりゅうと今回初参加の高校1年生は一緒に行動。まずは合格者の作品展示へ。大型スクリーンすごっ

全学科の作品を一望。

作品を見ただけだと何を描いているかわからないと思いますが、自分が描くようになって初めてこれらの作品を理解できるようになります。

でもこれらの作品はあくまでも完成度の目安であり、試験では自分なりの作品を描けることが一番大事です。

あ、あったあった

基礎デザイン学科に入学した卒業生の作品も展示されていました。

受験時の彼女の文章は、とても読みやすくちょっとクスっと笑ってしまうところもありました。だから正直な話し、この試験の対策はそんなにしていません。できている部分はこちらが下手に入り込むより、本人に伸ばしてもらった方が、オリジナリティは増します。

そんでもって基礎デザイン学科の見学へ。

基礎デザイン学科の「基礎」というのは基本のベーシックではなく、サイエンス(=学問、科学)という意味です。デザインを広く扱う学科です。

お次は工芸工業デザイン学科へ

卒業生は課題が佳境に入っているようなのでそれを見に突入!w

1階はクラフト系の施設で木工、陶器、テキスタイル、金属、あれ?ガラスもあったよね・・・それは窯にくべる薪かな。

課題真っ只中の卒業生発見!w

で、全然こっちに気が付いてくれず、そっとその場を去る・・・がんばー

これも卒業生の入試作品。

これ3時間で描くんですよ〜

 

ムサビ名物(?)共通彫塑課題

デザイン系の学科は絵画と彫塑、アート系はデザイン、工芸の授業をして視野を広くするのですね。

ヤギとか羊とか?の頭部。奥には人の頭も

コンクリを削る作業だから手に血豆ができるそうで(痛)

時間がなくて図書館は外見だけ・・

中もすっごいよ〜w

 

キャンパス内にある美術館(入場無料)で

「内田あぐり 化身、あるいは残丘」を見てきました。卒業生にお願いして図録も買ってもらった(学割!)

エントランスには高さ8メートルの作品がどーんと。内田先生のトルソー(胴体のみの人体)が好きなんです。あと赤、黒の色彩。

お、ちゃんと時間守って集合してる。置いてかれたら大変だもんねw。あっという間でしたがしっかり見学できたかな?

卒業生の元気な姿も見れてよかった。最近までアトリエでデッサン描いていたのに、こうして大学生になって新しいことを勉強している姿はこちらにも元気をくれます。しっかりムサビで磨かれてください。

最後まで雨降りだった東京を後にして、飯田に帰りまーす。

ムサビを見て、感じて、思ったこと、今もっているモチベーションを忘れずに、日々デッサン描いてください。

受験生の皆さんも、志望する(未確定でも)大学は自分の足で行って見てきましょう。紙資料やウェブサイトでは得られない情報や雰囲気を知ることができます。

これ後日追加の写真。

雰囲気良かったので本人の了承を得て追加

 

奥に見えるがパン屋さん。お昼の時間は激混みだけど、ムサビに来たらここに行きたいw

 

アクセスカウンター